突然失神した事はありませんか?テグレトール使ってますか?

前兆もないのに突然失神する…こんな事今までにありませんでしたか?その症状はてんかんの欠神発作かもしれません。当サイトではテグレトール等の抗てんかん薬を始めてんかんについての詳細情報を発信しています。

脳神経疾患、てんかんの症状

てんかんとは、脳神経に関わる病気で、年齢や性別などは関係なく発病します。
脳の働きは、脳神経細胞から適切・適量の電気信号が正しく流れることにより行われます。この電気信号が一時的に過剰に流されることが原因で、突然意識を失って反応がなくなるなどの発作が起こります。この発作が何度も繰り返し起こる病気をてんかんと言います。
てんかんの症状は、大脳の電気的な興奮が発生する場所によって様々ですが、その原因が脳の一部に限られているか(部分発作)、脳全体の機能に及ぶか(全般発作)で大きく二つに分けられます。
部分発作では、手足や顔の一部がピクピク動いたり、言葉がでなくなるなどの症状が現れます。また、徐々に意識が遠のいていくこともあります。これらの発作は突然始まり、1分程度で治まります。
全般発作では、突然意識を失い、身体を硬直させて倒れます。そして手足をガクガクと曲げたり伸ばしたりするような痙攣発作が起こります。発作は30秒~1分程度でおさまります。発作が治まる時に、口から泡を吹くこともあります。
また、意識ははっきりしているが、全身または体の一部が瞬間的に痙攣を起こすミオクロニー発作や、発作が15分以上続いたり、意識が戻らないうちに次の発作が始まったりする重積発作などが起こることもあります。重積発作の場合、心臓や脳に障害を負ったり、死に至ることもあります。
このようなてんかんの発作を予防するために、テグレトールという抗てんかん薬が使用されます。テグレトールは、脳の過剰な電気信号を抑制することで発作を抑える薬で、主に部分発作に効果を発揮します。しかし、てんかんそのものの原因を治す薬ではないので、テグレトールは長く予防的に飲み続ける必要があります。医師の指示を守り、正しく服用することが大切になるでしょう。

■てんかん治療薬ならこのサイト
突然のてんかん発作のための薬
■てんかん発作、躁うつ病、神経痛のお薬
体験談からわかるテグレトールの効果
■てんかん治療薬には双極性障害の治療も行えます
カルバトールCR400mg服用で双極性障害治療