前兆もないのに突然失神する…こんな事今までにありませんでしたか?その症状はてんかんの欠神発作かもしれません。当サイトではテグレトール等の抗てんかん薬を始めてんかんについての詳細情報を発信しています。

てんかんにおける薬物治療

てんかんの有病率は0.5%~1.0%と非常に頻度の高い神経疾患であり、てんかん患者の70%~80%は薬物治療で寛解しているが、てんかん患者の20%以上が原因不明の難治として長期にわたる治療を余儀無くされています。
他の治療法としては、摘出手術やIPS細胞の応用によるも研究も始まっているが、疾患の根本的な原因が不明なので明確な治療法は確立されていないのが現実です。
抗てんかん治療は、一般的に2~3種類の治療薬による単剤治療より始められ発作抑制効果が認められない時は、多剤併用治療へと移行して行きます。
治療薬には、他の治療薬と良く併用され神経の異常な興奮と痙攣を抑制するアセチル尿素系薬、運動発作や痙攣を抑制するオキサゾリジン系薬、脳中枢に作用する事で周期的な小さな発作抑制に有効とされるサクシミド系薬、穏やかな精神安定作用を有するスルフォンアミド系薬、刺激による脳の興奮を抑えるヒダントイン系薬やバルビツール酸系薬、性格行動障害改善に使用される分枝脂肪酸系薬、末梢神経への神経の異常興奮の伝達を阻害するベンズイソキサゾール系薬、他の治療薬との相互作用や副作用が少ない新世代薬などがあります。
ベンズイソキサゾール系薬に分類されるテグレトールは、脳中枢に作用して神経の異常な興奮を抑え、痙攣発作や精神障害の原因を抑制するカルバマゼピンを主成分としています。
カルバマゼピンは、統合失調症興奮や三叉神経痛の治療薬としても用いられています。
テグレトールの副作用としては、過敏症や運動失調などの軽い症状から、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群や全身性エリテマトーデス様症状、肝機能障害などの重大な副作用が発現する恐れがあります。
又、テグレトールは、抗真菌薬のボリコナゾールや肺高血圧症の治療薬であるタダラフイル、エイズ治療薬のリルピビリンとの併用禁止されています。
テグレトールのような抗てんかん薬は長期間使用し続けることになるでしょうから、使えば使うほど費用がかかってしまいます。1度病院処方された薬でそれを使い続けることが見えている場合は、個人輸入代行業者を用いて通販で購入するのが良いでしょう。通販は病院処方と比較して安価に購入することが出来ますので、節約に繋がります。
テグレトールの購入はこのサイトで出来ます