前兆もないのに突然失神する…こんな事今までにありませんでしたか?その症状はてんかんの欠神発作かもしれません。当サイトではテグレトール等の抗てんかん薬を始めてんかんについての詳細情報を発信しています。

てんかん患者が利用できる医療制度

てんかんを治すためには、その原因を知って、継続的な通院を行ったり、テグレトールの服用などを行う必要がありますが、何かと医療費がかかるものです。
患者さんとしてはこの医療費を少しでも軽減したいと考えてる人もいると思います。
そのような方は、てんかん患者さんおための有用な医療制度があることを知っておくといいでしょう。
医療制度は3つありますが、それぞれにおいて一定の助成が得られるようになっていますので、ぜひ活用しましょう。
助成制度を利用すればもちろん通院費は安くなりますし、テグレトールの購入費用も抑えることができます。
長く通院が必要な方、またテグレトールの常用が必要な方は、対象者と各助成内容を確認して制度を利用するようになさってください。
てんかんをその原因を究明してそこを叩くことによって治りますから、その原因を潰すためにも継続的な通院が必要です。
ですからなんとしても医療制度が利用できるように申請を行ってください。
さて、転換患者のための医療制度は3つあるといいましたが、その3つは、自立支援医療、小児慢性特定疾患治療研究事業、重度心身障害者医療費助成制度となっています。
まず自立支援医療については、これはてんかんと診断されれば誰でも利用できる制度です。
助成内容は、健康適用できる外来医療費の軽減、自治体によっては補助の上乗せもあります。
小児慢性特定疾患治療研究事業は、特定の診断を受けている人が利用できる制度です。
助成内容は、入院・外来医療費の自己負担分の助成、市町村や都道府県ごとの補助の上乗せもあります。
最後に重度心身障害者医療費助成制度ですが、こちらは、知的障害や身体障害など、重度の症状をもつ人に適用される制度です。
助成内容は、健康保険医療の自己負担分の軽減です。